コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合田清 ごうだ きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

合田清 ごうだ-きよし

1862-1938 明治-昭和時代前期の版画家。
文久2年5月7日生まれ。明治13年フランスにわたり,同宿の山本芳翠(ほうすい)のすすめで木口(こぐち)木版をまなぶ。帰国後,芳翠と画塾生巧館を開設,教科書や新聞の挿絵の版下を制作した。29年黒田清輝らと白馬会を結成。昭和13年5月6日死去。77歳。江戸出身。旧姓は田島。代表作に「磐梯山(ばんだいさん)噴火図」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

合田清の関連キーワード川上 澄生ルナリア

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android