コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉原酔雨 よしはら すいう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉原酔雨 よしはら-すいう

1819-1893 江戸後期-明治時代の俳人。
文政2年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士吉原黄山の子。俳諧(はいかい)を父や伊東而后(じこう)にまなび,慶応元年宗匠となる。歌を上田帯刀(たてわき)にまなび,書にもすぐれた。明治26年3月27日死去。75歳。名は東海(はるみ)。通称は数馬別号に竹意庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉原酔雨の関連キーワード明治時代酔雨俳人

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android