吉奈[温泉](読み)よしな

世界大百科事典 第2版「吉奈[温泉]」の解説

よしな【吉奈[温泉]】

静岡県田方郡天城湯ヶ島町にある温泉。単純泉,45~55℃。狩野(かの)川支流の吉奈川にのぞむ。724年(神亀1),僧行基が医王山善明寺建立の際に発見したという伝説があり,かつては善名(よしな)の湯,館山の湯とも呼ばれていた。徳川家康の側室お万の方が入湯し,紀伊大納言頼宣を産んだという言い伝えから,子宝の湯として広く知られ,女性の浴客が多い。付近には湯ノ宮神社,善明寺,行基ノ滝などの散策適地があり,天城峠にも近い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android