コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修善寺 しゅぜんじ

4件 の用語解説(修善寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修善寺
しゅぜんじ

静岡県東部,伊豆半島の北部中央にある地区。旧町名。 1924年町制。 1956年下狩野村,1959年北狩野村の一部を編入。 2004年4月,土肥町,天城湯ヶ島町,中伊豆町と合併し伊豆市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅぜんじ【修善寺】

静岡県、伊豆市の地名。桂川(修善寺川)の渓谷に沿う温泉町。修禅寺や、空海が掘ったという独鈷(とっこ)の湯がある。
修善寺紙」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅぜんじ【修善寺】

静岡県伊豆市、伊豆半島北部の狩野かの川支流の桂川渓谷に沿う温泉町。修禅寺がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

修善寺
しゅぜんじ

静岡県東部、田方(たがた)郡にあった旧町名(修善寺町(ちょう))。現在は伊豆(いず)市の北部を占める一地区。1924年(大正13)町制施行。1956年(昭和31)下狩野(しもかの)村を、1959年北狩野村の一部を編入。2004年(平成16)土肥(とい)、天城湯ヶ島(あまぎゆがしま)、中伊豆(なかいず)の3町と合併、市制施行して伊豆市となる。旧修善寺町は、伊豆半島北部に位置し、伊豆の代表的な温泉町。伊豆箱根鉄道、国道136号、修善寺有料道路、西伊豆スカイラインなどが通じる。名称は古代以来の古刹(こさつ)修禅寺にちなむ。町は巣雲(すくも)、達磨(だるま)山系に囲まれ、全面積の70%が山林原野で、中央を狩野川が北流し、街と耕地は狩野川とその支流桂(かつら)川の沿岸に発達している。稲作のほか酪農、養豚、養鶏、ミカン・シイタケ栽培を主とする。観光と結び付いた商業が中心で、土産(みやげ)物販売、飲食業を主とする。区域の一部は富士箱根伊豆国立公園に含まれ、北伊豆の玄関として東、南、西へと天城(あまぎ)山、達磨山を越えて南伊豆の海岸線へ向かう交通路が集中する。近年では、修善寺ニュータウン、富士見平など、宅地や別荘地開発が進んでいる。北伊豆屈指の大温泉である修善寺温泉、鎌倉時代の源範頼(のりより)・頼家(よりいえ)の幽閉の修禅寺、鹿山(しかやま)公園、梅林のある修善寺自然公園、修善寺虹の郷、早霧(さぎり)湖など観光資源に富む。また、修善寺駅から約7キロメートルの高原にある日本サイクルスポーツセンターは一年中にぎわう。[川崎文昭]
『『修善寺史料集』(1959・修善寺町) ▽南雲正朗著『修善寺より――歴史と風土と』(1966・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

修善寺の関連キーワード片瀬温泉伊豆伊豆の国伊豆半島沖地震西伊豆[町]伊豆長岡〈町〉静岡県伊豆の国市大仁〈町〉賀茂〈村〉中伊豆〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

修善寺の関連情報