コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天城湯ヶ島 あまぎゆがしま

2件 の用語解説(天城湯ヶ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天城湯ヶ島
あまぎゆがしま

静岡県東部,伊豆半島の中央部,天城,猫越,達磨の各火山に囲まれた地区。旧町名。 1960年中狩野村と上狩野村が合体して町制。 2004年4月,修善寺町,土肥町,中伊豆町と合併し伊豆市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天城湯ヶ島
あまぎゆがしま

静岡県東部、田方(たがた)郡にあった旧町名(天城湯ヶ島町(ちょう))。現在は伊豆(いず)市の南部を占める一地区。1960年(昭和35)上狩野(かみかの)、中狩野の2村が合併して町制施行。2004年(平成16)修善寺(しゅぜんじ)、土肥(とい)、中伊豆(なかいず)の3町と合併、市制施行して伊豆市となる。旧天城湯ヶ島町は、伊豆半島の中央部、天城山北西麓(ろく)にあり、国道136号、414号、西伊豆スカイライン、西伊豆バイパスが通じる。全面積の90%が山林、うち国有林46%、公有林10%、私有林44%。狩野川、船原川、猫越(ねっこ)川などの本・支流の渓谷に囲まれた山峡で、平坦(へいたん)地は少ない。ワサビ、シイタケは特産物で有名。果樹栽培、酪農も盛んである。伊豆金山の伝統をもつ持越(もちこし)鉱山はかつては年産330キログラム、全国第2位の採掘があったが、伊豆大島近海地震(1978)で生産を中止している。温泉が各所にわき、湯ヶ島、吉奈(よしな)、嵯峨沢(さがさわ)、船原、月ヶ瀬など天城温泉郷を形成している。浄蓮(じょうれん)ノ滝、八丁(はっちょう)池、船原峠、仁科(にしな)峠、天城峠など景勝地に恵まれ、文学作品の舞台となった。川端康成(やすなり)の『伊豆の踊子』、井上靖(やすし)の『猟銃』で有名であるが、梶井基次郎(かじいもとじろう)、若山牧水(ぼくすい)、尾崎士郎らも湯ヶ島を文学作品に登場させている。[川崎文昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天城湯ヶ島の関連キーワード伊豆伊豆の国中伊豆[町]湯ヶ島[温泉]天城湯ケ島〈町〉伊豆長岡〈町〉大仁〈町〉賀茂〈村〉中伊豆〈町〉賀茂[村]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天城湯ヶ島の関連情報