吉永みち子(読み)よしなが みちこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉永みち子 よしなが-みちこ

1950- 昭和後期-平成時代のノンフィクション作家。
昭和25年3月12日生まれ。競馬専門紙「勝馬」などで日本初の女性競馬記者として活躍。昭和52年妻をなくした吉永正人騎手と結婚(のち離婚)。60年「気がつけば騎手の女房」で大宅壮一ノンフィクション賞をうける。埼玉県出身。東京外大卒。著作はほかに「性同一性障害性転換の朝」「晴ればれ更年期女ざかりがもっと輝く処方箋」,小説「繋がれた夢」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android