コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉海良作 よしうみ りょうさく

1件 の用語解説(吉海良作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉海良作 よしうみ-りょうさく

1837-1876 幕末-明治時代の武士,士族。
天保(てんぽう)8年生まれ。肥後熊本藩士。国学者林桜園(おうえん)の影響をうける。明治4年応変隊の小河真文らの反政府運動によっておこされた久留米(くるめ)藩難事件に連座。のち反政府不平士族のつくる敬神党の中心人物となる。9年10月の神風連(じんぷうれん)の乱で太田黒伴雄をたすけて熊本鎮台を攻撃中に戦死。40歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉海良作の関連キーワードカッター秋月の乱スラブ音楽マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone