吉田 平太郎(読み)ヨシダ ヘイタロウ

20世紀日本人名事典の解説

吉田 平太郎
ヨシダ ヘイタロウ

明治・大正期の陸軍中将



生年
慶応3年9月23日(1867年)

没年
昭和9(1934)年6月20日

出生地
豊前国日田郡西有田村(大分県日田市)

学歴〔年〕
陸士卒,陸大〔明治30年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲三等旭日中綬章,金鵄勲章

経歴
嘉兵衛の二男に生まれ、教英中学に学び、明治28年陸軍士官学校に入学、主席で卒業。25年陸軍大学校に入学、30年主席で卒業。この間、27年日清戦争に大本営衛兵長として従軍。参謀本部員を経て、32年陸軍大学校教官となり少佐、36年ドイツ駐在部官として赴任し中佐となる。37年日露戦争では第10師団参謀長。38年第7師団参謀長として奉天の戦いに参加、大佐に昇進。41年騎兵実施学校校長、42年陸軍省騎兵課長、乗馬委員長などを歴任。45年少将、大正5年中将。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android