コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田以忠 よしだ もちただ

1件 の用語解説(吉田以忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田以忠 よしだ-もちただ

1739-1779 江戸時代中期の書家。
元文4年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。京都の持明院(じみょういん)家に入門し,書法をまなぶ。明和7年藩主毛利重就(しげなり)にとりたてられて藩校明倫館習字師となった。安永8年9月12日死去。41歳。通称は藤介。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田以忠の関連キーワード霊空松平武元カージャール朝ティチング後桃園天皇平賀源内後桃園天皇地方財政計画景清北尾重政

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone