コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川如皐 セガワジョコウ

4件 の用語解説(瀬川如皐の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せがわ‐じょこう〔せがはジヨカウ〕【瀬川如皐】

[1806~1881]江戸末期の歌舞伎作者。3世。江戸の人。5世鶴屋南北の門下で、中村座の立作者となった。作「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」「東山桜荘子(ひがしやまさくらそうし)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せがわじょこう【瀬川如皐】

歌舞伎作者。5世まである。3世までが有名。(1)初世(1739‐94∥元文4‐寛政6) 屋号新浜村屋。号東園。俳名如考,如皐。大坂の振付師市山七十郎の子。もと市山助五郎門下の若女方の役者で市山七蔵。1768年(明和5)江戸に下り,2世瀬川菊之丞門下となり,瀬川七蔵,のち乙女(おとめ)と名のる。84年(天明4)作者に転じ俳名の瀬川如皐を筆名とし,実弟3世瀬川菊之丞一座の作者をつとめ,主として浄瑠璃の作詞をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せがわじょこう【瀬川如皐】

(三世)(1806~1881) 江戸末期の歌舞伎脚本作者。江戸の人。五世鶴屋南北なんぽくの門人。世話物を得意とした。代表作「与話情浮名横櫛よわなさけうきなのよこぐし」「東山桜荘子ひがしやまさくらぞうし

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬川如皐
せがわじょこう

歌舞伎(かぶき)作者。5世まである。[古井戸秀夫]

初世

(1739―94)振付の市山七十郎(しちじゅうろう)の長男で、名女方(おんながた)3世瀬川菊之丞(きくのじょう)の実兄。初め瀬川乙女という女方であったが、1784年(天明4)俳名の如皐を筆名として作者となる。菊之丞一座の座付作者として、おもに浄瑠璃(じょうるり)の作詞を担当、富本『名酒盛色の中汲(なさけざかりいろのなかくみ)』などを書いた。[古井戸秀夫]

2世

(1757―1833)初世河竹新七門下の河竹文次が3世菊之丞付きの作者となって1801年(享和1)に襲名。化政(かせい)期(1804~30)の変化(へんげ)舞踊の担い手として活躍、晩年は5世菊之丞などの顧問として劇界に重きをなした。代表作に『角兵衛(かくべえ)』『三社祭(さんじゃまつり)』などがある。[古井戸秀夫]

3世

(1806―81)戯作者(げさくしゃ)として修業をしたのち5世鶴屋南北に入門し、歌舞伎作者となる。1850年(嘉永3)にしばらく中絶していた瀬川如皐の名を継ぐ。『東山桜荘子(ひがしやまさくらそうし)(佐倉義民伝)』『与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)(切られ与三(よさ))』で筆名を不朽のものにするが、晩年はライバルの河竹黙阿弥(もくあみ)に押され不遇のうちに終わる。名跡は4世(1857―1938)、5世(1888―1957)まである。[古井戸秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬川如皐の関連キーワード岩井半四郎桜田治助類族伊藤柳枝佐保山彦左衛門寺田兵蔵戸川不琳並木良輔中村歌六中村重助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone