瀬川如皐(読み)セガワジョコウ

世界大百科事典 第2版の解説

せがわじょこう【瀬川如皐】

歌舞伎作者。5世まである。3世までが有名。(1)初世(1739‐94∥元文4‐寛政6) 屋号新浜村屋。号東園。俳名如考,如皐。大坂の振付師市山七十郎の子。もと市山助五郎門下の若女方の役者で市山七蔵。1768年(明和5)江戸に下り,2世瀬川菊之丞門下となり,瀬川七蔵,のち乙女(おとめ)と名のる。84年(天明4)作者に転じ俳名の瀬川如皐を筆名とし,実弟3世瀬川菊之丞一座の作者をつとめ,主として浄瑠璃の作詞をなす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せがわじょこう【瀬川如皐】

(三世)(1806~1881) 江戸末期の歌舞伎脚本作者。江戸の人。五世鶴屋南北なんぽくの門人。世話物を得意とした。代表作「与話情浮名横櫛よわなさけうきなのよこぐし」「東山桜荘子ひがしやまさくらぞうし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬川如皐
せがわじょこう

歌舞伎(かぶき)作者。5世まである。[古井戸秀夫]

初世

(1739―94)振付の市山七十郎(しちじゅうろう)の長男で、名女方(おんながた)3世瀬川菊之丞(きくのじょう)の実兄。初め瀬川乙女という女方であったが、1784年(天明4)俳名の如皐を筆名として作者となる。菊之丞一座の座付作者として、おもに浄瑠璃(じょうるり)の作詞を担当、富本『名酒盛色の中汲(なさけざかりいろのなかくみ)』などを書いた。[古井戸秀夫]

2世

(1757―1833)初世河竹新七門下の河竹文次が3世菊之丞付きの作者となって1801年(享和1)に襲名。化政(かせい)期(1804~30)の変化(へんげ)舞踊の担い手として活躍、晩年は5世菊之丞などの顧問として劇界に重きをなした。代表作に『角兵衛(かくべえ)』『三社祭(さんじゃまつり)』などがある。[古井戸秀夫]

3世

(1806―81)戯作者(げさくしゃ)として修業をしたのち5世鶴屋南北に入門し、歌舞伎作者となる。1850年(嘉永3)にしばらく中絶していた瀬川如皐の名を継ぐ。『東山桜荘子(ひがしやまさくらそうし)(佐倉義民伝)』『与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)(切られ与三(よさ))』で筆名を不朽のものにするが、晩年はライバルの河竹黙阿弥(もくあみ)に押され不遇のうちに終わる。名跡は4世(1857―1938)、5世(1888―1957)まである。[古井戸秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android