コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持明院 ジミョウイン

デジタル大辞泉の解説

じみょう‐いん〔ヂミヤウヰン〕【持明院】

京都市上京区にあった、藤原道長の曽孫基頼が邸内に建てた持仏堂の名。
姓氏の一。藤原北家道長流。藤原基頼の子通基が家名としたのに始まる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

持明院

約900年の歴史があり、仏画経典織田信長の妹お市の方の肖像などを所蔵する。境内は6600平方メートル。檀家(だんか)は全国に約4万。

(2011-07-26 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

じみょういん【持明院】

京都市上京区上立売あたりにあった寺。藤原道長の曽孫基頼が邸内に持仏堂として建立。
藤原氏北家から分かれた家名。基頼の子通基が邸内の持仏堂にちなんで名づけたもの。後高倉院妃が住み、後高倉院がここで院政を執ってのち、しばしば歴代の仙洞となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の持明院の言及

【両界曼荼羅】より

…この院の上部の五尊一列を遍智(へんち)院といい,その中央に三角火印がある。下部の五尊一列を持明(じみよう)院といい,般若菩薩を中心に,この院にのみ明王(みようおう)が左右に2尊ずつ配される。以上縦につづいた3院の両側に,3列7段ずつの一群が並ぶが,向かって左が観音院で,蓮華(れんげ)を持つ観音の諸尊群であるので蓮華部院とも呼ばれる。…

※「持明院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

持明院の関連キーワード藤原成子(2)別当典侍(1)伊予局(1)風雅和歌集文保の和談持明院基定後宇多天皇後深草天皇後二条天皇持明院家定持明院基春馬場一梯和気貞幸藤原基頼中山定宗二条為世京極為兼亀山天皇浅原為頼長講堂領

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

持明院の関連情報