吉田助右衛門(読み)よしだ すけえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田助右衛門 よしだ-すけえもん

1824-1894 幕末の武士。
文政7年生まれ。備後(びんご)(広島県)福山家老。日置(へき)流の弓術で藩の師範となり,安政6年文武総裁。慶応元年老中に尊攘(そんじょう)の姿勢をきらわれ隠居。4年福山城をかこんだ長州軍との講和につとめた。のち沼名前神社の宮司。明治27年7月23日死去。71歳。本姓新居。名は豊辰(とよとき)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android