吉田寸草(読み)よしだ すんそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田寸草 よしだ-すんそう

1882-1965 大正-昭和時代の俳人。
明治15年1月30日生まれ。大正8年六高教授。志田素琴,大須賀乙字にまなび,素琴の「東炎」に参加。また「唐辛子」の課題句選を担当した。戦後は「早蕨」の同人となり,「光芒」の選者もつとめた。昭和40年3月28日死去。83歳。岡山県出身。東京帝大卒。本名は貞一。句集に「東薇」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android