コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田寸草 よしだ すんそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田寸草 よしだ-すんそう

1882-1965 大正-昭和時代の俳人。
明治15年1月30日生まれ。大正8年六高教授。志田素琴,大須賀乙字にまなび,素琴の「東炎」に参加。また「唐辛子」の課題句選を担当した。戦後は「早蕨」の同人となり,「光芒」の選者もつとめた。昭和40年3月28日死去。83歳。岡山県出身。東京帝大卒。本名は貞一。句集に「東薇」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田寸草の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android