コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大須賀乙字 おおすがおつじ

7件 の用語解説(大須賀乙字の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大須賀乙字
おおすがおつじ

[生]1881.7.29. 福島,中村
[没]1920.1.20. 東京
俳人。本名,績 (いさお) 。第二高等学校を経て 1908年東京大学国文学科卒業。 16年東京音楽学校教授。河東 (かわひがし) 碧梧桐に師事し,新傾向俳句の理論家として活躍した。『乙字句集』 (1921) ,『乙字俳論集』 (21) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおすが‐おつじ〔おほすが‐〕【大須賀乙字】

[1881~1920]俳人。福島の生まれ。本名、績(いさお)。明治41年(1908)「アカネ」誌上に俳論を発表し、新傾向俳句運動の口火を切り、のち「俳壇復古論」を唱えた。著「乙字句集」「乙字俳論集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大須賀乙字【おおすがおつじ】

俳人。本名績(いさお)。福島県生れ。東大国文科卒。評論《俳句界の新傾向》(1908年)によって河東碧梧桐らの新傾向俳句運動の推進者の役割を担うことになったが,やがて離反,《俳壇復古論》などを書いて伝統尊重の論陣を張った。
→関連項目俳句

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大須賀乙字 おおすが-おつじ

1881-1920 明治-大正時代の俳人。
明治14年7月29日生まれ。大須賀筠軒(いんけん)の次男。河東碧梧桐(へきごとう)の門にはいる。明治41年三井甲之(こうし),広瀬哲士らと「アカネ」を発刊,新傾向俳句を提唱した。のち碧梧桐と対立し,「石楠」「懸葵」などで俳論家として活躍した。大正9年1月20日死去。40歳。福島県出身。東京帝大卒。本名は績(いさお)。著作に「乙字句集」「乙字俳論集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおすがおつじ【大須賀乙字】

1881‐1920(明治14‐大正9)
明治・大正の俳人。福島県生れ。本名績(いさお)。1904年に東京帝大へ進学,同時期に河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)に入門し,〈雁鳴いて大粒な雨落しけり〉などの句をつくり,喜谷六花(りつか),小沢碧童とともに碧梧桐門の三羽烏と称された。08年2月,評論〈俳句界の新傾向〉を発表,最近の句には従来の直叙的な表現にかわる暗示的な傾向がある,と指摘した。碧梧桐はこの意見を,自我を表現する俳句の新しい傾向として受けとり,新傾向俳句運動を展開した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおすがおつじ【大須賀乙字】

1881~1920) 俳人。福島県生まれ。本名、績いさお。東大卒。碧梧桐に師事。新傾向俳句を唱道。のち、師と対立、「自然に帰れ」を基調に作句・俳論に活躍。著「乙字句集」「乙字俳論集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大須賀乙字
おおすがおつじ
(1881―1920)

俳人。福島県中村町(現相馬市)に生まれる。本名績(いさお)。東京帝国大学国文科卒業。中学時代より俳句に親しみ、大学入学後河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)、荻原井泉水(おぎわらせいせんすい)らと句作した。1908年(明治41)2月『アカネ』創刊号に発表した『俳句界の新傾向』は碧梧桐一派の「新傾向」運動に大きな示唆を与えたが、碧梧桐が急進して生活現実の直写に傾くと、俳句を季感象徴の範囲にとどめようとし、碧梧桐を論難し、季題と定型を揚棄した『層雲』の井泉水とも対立し、一時は碧梧桐、中塚一碧楼(いっぺきろう)の『海紅(かいこう)』に入ったが、これとも別れた。俳句の季題、形式、調子に関する俳論も多い。没後『乙字句集』『乙字俳論集』(ともに1921)、『乙字書簡集』(1922)などが刊行された。[伊澤元美]
 火遊びのわれひとり居しは枯野かな
『村山古郷編『大須賀乙字俳論集』(講談社学術文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大須賀乙字の言及

【新傾向俳句】より

…1908‐14年(明治41‐大正3)ころ,河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)選の〈日本俳句〉(《日本及日本人》の俳句欄)を中心に全国をふうびした俳句近代化運動。(1)第1期 大須賀乙字は08年《アカネ》に論文《俳句界の新傾向》を掲げ,進むべき道は〈思はずもヒヨコ生まれぬ冬薔薇 碧梧桐〉のように季題が境地や情緒を象徴する暗示法にあると説いた。乙字の啓発と自然主義の影響下に,河東碧梧桐は季題趣味の打破と生活実感の直写による主観尊重の新風を目ざし《日本俳句鈔第一集》を編むとともに,〈真に返れ〉と唱導した。…

※「大須賀乙字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大須賀乙字の関連キーワード尾上柴舟浦香雨中村若沙福島県福島市飯坂町福島県大沼郡金山町本名滝田不勿西村雪人富士崎放江松村鬼史柳下孤村

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone