コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田文三郎(2代) よしだ ぶんざぶろう

1件 の用語解説(吉田文三郎(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田文三郎(2代) よしだ-ぶんざぶろう

1732-1791* 江戸時代中期の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い,作者。
享保(きょうほう)17年生まれ。初代吉田文三郎の子。初代吉田三郎兵衛の孫。初代吉田文吾,2代三郎兵衛をへて,宝暦11年2代文三郎を襲名。父におとらぬ名人といわれ,立役(たちやく),女方ともにすぐれた。寛政2年12月4日死去。59歳。大坂出身。作者名は2代吉田冠子。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田文三郎(2代)の関連キーワード筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺真珠岩市川団十郎手話言語条例をめぐる動き「真田丸」効果後ろ面傾城歌三味線

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone