コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フイヤン派 フイヤンはFeuillants

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フイヤン派
フイヤンは
Feuillants

1577年フイヤン修道院院長 J.パリエールの改革によって生れたシトー会士をさす。国王アンリ3世が彼らをパリに呼び,現在のサントノレ街とチュイルリー宮殿テラスとの間に居を定めた。 68年には 162人の修道士を数え,86年教皇シクスツス5世フイヤン派の独立を許した。 91年解散。また,フランス革命期のフイヤン・クラブを結成した右派をさす語でもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フイヤン派
ふいやんは
Feuillantsフランス語

フランス革命期の立憲・立法両議会における党派。自由主義貴族と上層ブルジョアジーを代表する。初めバルナーブデュポールラメット兄弟を指導者とする三頭派として発足。1789年9月ごろから議会を支配し、ブルジョア的立憲王政を推進した。1791年6月ルイ16世バレンヌ逃亡事件を契機に、ラ・ファイエット派と合流し、ジャコバン・クラブから分裂し、別に「フイヤン・クラブ」を結成した。フイヤンは、本部を元フイヤン修道会の建物に置いたことに由来する。シャン・ド・マルスの虐殺(1791)などで人民を抑えて王権と妥協し、「1791年憲法」によって制限選挙に基づく立憲王政を確立した。憲法下の立法議会では、初期の議会を支配したが、まもなくジロンド派に多数を制された。[樋口謹一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フイヤン派の関連キーワード天荊松永久通鷹巣城七尾城エル・グレコ中国征伐上泉信綱七尾城跡ペーテル・パウル・ルーベンスリヒテンシュタイン侯爵家のコレクション