コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田沢右衛門 よしだ さわえもん

1件 の用語解説(吉田沢右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田沢右衛門 よしだ-さわえもん

1675-1703 江戸時代前期の武士。
延宝3年生まれ。吉田忠左衛門の子。赤穂(あこう)四十七士ひとり。父とともに江戸にでて,田口左平太と称し吉良義央(きら-よしなか)の動静をさぐる。元禄(げんろく)15年吉良邸討ち入りにくわわり,16年2月4日毛利邸で切腹。29歳。名は兼貞。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田沢右衛門の関連キーワード談林十百韻光の科学史伊達綱村小野寺十内竹本座企業年金高遊外売茶翁米ロ核軍縮交渉日系人帰国支援事業帰国支援事業

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone