コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田忠左衛門 よしだ ちゅうざえもん

1件 の用語解説(吉田忠左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田忠左衛門 よしだ-ちゅうざえもん

1640-1703 江戸時代前期の武士。
寛永17年生まれ。吉田沢右衛門の父。赤穂(あこう)四十七士ひとり。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂藩主浅野長矩(ながのり)につかえ,長矩の刃傷(にんじょう)事件後,大石良雄にしたがい吉良義央(きら-よしなか)への復讐(ふくしゅう)をちかう。江戸にでて吉良の動静をさぐり,元禄(げんろく)15年同志とともに吉良邸に討ち入った。元禄16年2月4日切腹。64歳。名は兼亮(かねすけ)。号は白砂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田忠左衛門の関連キーワード阿部正興(1)大岡孚斎勝継死人小左衛門高木守勝多賀左近妻木頼保寺村山川間新六間瀬孫九郎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone