コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田忠左衛門 よしだ ちゅうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田忠左衛門 よしだ-ちゅうざえもん

1640-1703 江戸時代前期の武士。
寛永17年生まれ。吉田沢右衛門の父。赤穂(あこう)四十七士のひとり。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂藩主浅野長矩(ながのり)につかえ,長矩の刃傷(にんじょう)事件後,大石良雄にしたがい吉良義央(きら-よしなか)への復讐(ふくしゅう)をちかう。江戸にでて吉良の動静をさぐり,元禄(げんろく)15年同志とともに吉良邸に討ち入った。元禄16年2月4日切腹。64歳。名は兼亮(かねすけ)。号は白砂

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田忠左衛門の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)貝賀弥左衛門寺坂吉右衛門赤穂浪士一覧小野寺十内吉田兼亮赤穂義士

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android