吉田為幸(読み)よしだ ためゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田為幸 よしだ-ためゆき

1819-1892 江戸後期-明治時代の和算家。
文政2年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。御粥安本(ごかゆ-やすもと),梅村玄甫にまなんだといわれる。法道寺善(ほうどうじ-ぜん)に類した算変法を説いた「変極算法」をあらわす。明治25年11月4日死去。74歳。通称は万作。著作に「小倉算法」「階梯算法問答集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android