コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法道寺善 ほうどうじ ぜん

3件 の用語解説(法道寺善の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法道寺善 ほうどうじ-ぜん

1820-1868 幕末の和算家。
文政3年生まれ。広島で梅園直雨(立介)に,江戸で内田五観(いつみ)の塾にまなぶ。のち全国を遊歴しておしえた。独自の算変法を創始し「観新考算変」の稿本をのこした。明治元年9月16日死去。49歳。安芸(あき)(広島県)出身。字(あざな)は通達。通称は和十郎。号は観山。名は「よし」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

法道寺善

没年:明治1.9.16(1868.10.31)
生年:文政3(1820)
幕末明治期の和算家。通称和十郎,字は通達,観山と号す。広島の人。梅園立介に学び,のち江戸に出て内田五観の門に入り,瑪得瑪弟加塾で6年間研鑽,その後諸国を遍歴,子弟を教育した。有名な『観新考算変』(1862)は43歳ごろの著述であるが,ここには現在の反転法といわれるものと同じ考え方が示されている。写像という考えを持っていたかどうか不明だが,結果的には高級な写像を扱っていた。題名は観山が新たに考えた算法という意味であろう。

(道脇義正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうどうじぜん【法道寺善】

1820‐68(文政3‐明治1)
幕末の数学者。算変法の創始者として名高い。通称和十郎,字は通達,観山と号した。初め広島で梅園立介に数学を学び,後に江戸へ出て内田五観の塾でさらに数学を学ぶ。内田の塾を出て,日本全国を遊歴し,各地で数学を教授した。著書は多いが,刊行された書はない。その当時,円の中に多数の円を互いに内外接させる問題が流行した。解決法の手段として,共通接線を使ってきれいな公式にまとめたのが安島直円で,この安島の方法を,今日の反転法に相当する方法を適用して,簡単に計算できるようにしたのが法道寺の算変法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の法道寺善の言及

【和算】より

…内田は高野長英に蘭学を学んでおり,塾の名はそこからきている。弟子には剣持章行(1790‐1871),法道寺善(ほうどうじぜん)(1820‐68),川北朝鄰(1840‐1919),その他多数の数学者がいた。法道寺は観山と号し,その観山が新しく見つけた方法であるとして,《観新考算変(かんしんこうさんぺん)》を各地に書き残している。…

※「法道寺善」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

法道寺善の関連キーワード玉島綾野義賢井上宇右衛門鎌原溶水小島柳蛙神保直吉川柳(8代)武田敬孝坂東篤之輔益頭駿次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone