コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田玉市(2代) よしだ たまいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田玉市(2代) よしだ-たまいち

1894-1965 明治-昭和時代の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
明治27年2月6日生まれ。淡路(あわじ)の人形座をへて,大正2年大阪で3代吉田玉造に,7年2代吉田玉松(4代玉造)に入門。10年2代玉市を襲名。昭和12年御霊文楽座にはいり,17年人形頭取となった。昭和40年5月6日死去。71歳。宮崎県出身。本名は名淵富弥。前名は桐竹富十郎,吉田辰十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田玉市(2代)の関連キーワード人形浄瑠璃人形遣い昭和時代明治

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android