コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田博 よしだ ひろし

百科事典マイペディアの解説

吉田博【よしだひろし】

洋画家。久留米生れ。1893年京都に出て田村宗立に学んだのち,翌年上京して小山正太郎の不同舎に入った。欧米旅行後,太平洋画会の創立に参加。のち文展帝展の審査員,晩年は太平洋画会長。
→関連項目明治美術会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の吉田博の言及

【明治・大正時代美術】より

…これらの中では,《天平の面影》(1902)や《蝶》(1904)を描いた藤島武二と,彼の影響を受けて《海の幸》(1904)や《わだつみのいろこの宮》(1907)のように詩情豊かな浪漫的な作風をうち出した青木繁が傑出している。 明治美術会にも,欧米に学んだ中村不折,満谷(みつたに)国四郎(1874‐1936),吉田博(1876‐1950),鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)(1874‐1941),中川八郎(1877‐1922),河合新蔵(1867‐1936),丸山晩霞(1867‐1942),大下藤次郎などが現れて,1901年太平洋画会を興し,白馬会に対抗した。しかし07年文部省美術展覧会(文展)が設立されると,黒田のアカデミックな写実に印象派の色彩を加えた明るい外光主義の画風,すなわち美術学校と白馬会の画風が,日本のアカデミズムとして洋画界を支配するようになっていった。…

※「吉田博」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

吉田博の関連キーワードダーレンドルフ川瀬 巴水中川 八郎小杉 放庵9月19日満谷国四郎吉田ふじを職場の使命吉田遠志吉田穂高水彩画

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉田博の関連情報