吉田良三(読み)よしだ りょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田良三 よしだ-りょうぞう

1878-1944 大正-昭和時代前期の会計学者。
明治11年1月10日生まれ。欧米に留学後,大正7年母校東京高商,のち東京商大(現一橋大)の教授となる。昭和13年中央大商学部長。複式簿記原価計算権威。昭和19年7月12日死去。67歳。高知県出身。旧姓は宇賀。著作に「近世商業簿記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android