吉田重政(読み)よしだ しげまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田重政 よしだ-しげまさ

1485-1569 戦国時代の弓術家。
文明17年生まれ。吉田重賢(しげかた)の子。父が創始した吉田流をつぐ。近江(おうみ)守護の六角義賢(ろっかく-よしかた)につかえて,弓術の伝授をめぐってもめ,一時越前(えちぜん)の朝倉氏に身をよせる。6年後義賢にふたたびつかえ秘伝をつたえた。永禄(えいろく)12年6月10日死去。85歳。通称は助左衛門。号は一鴎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android