コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田重政 よしだ しげまさ

1件 の用語解説(吉田重政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田重政 よしだ-しげまさ

1485-1569 戦国時代の弓術家。
文明17年生まれ。吉田重賢(しげかた)の子。父が創始した吉田流をつぐ。近江(おうみ)守護の六角義賢(ろっかく-よしかた)につかえて,弓術の伝授をめぐってもめ,一時越前(えちぜん)の朝倉氏に身をよせる。6年後義賢にふたたびつかえ秘伝をつたえた。永禄(えいろく)12年6月10日死去。85歳。通称は助左衛門。号は一鴎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田重政の関連キーワード伊丹直政岡村九左衛門片岡家清片岡家次片岡家延木村寿徳日置正次屋崎隼人吉田重信吉田業茂