吉礼(読み)キチレイ

精選版 日本国語大辞典の解説

きち‐れい【吉礼】

〘名〙 神をまつる儀式。めでたい儀式。きつれい。
※日本道徳論(1887)〈西村茂樹〉五「人間の礼は数多ありといへども殊に婚礼を以て重しとす」 〔周礼‐春官・大宗伯〕

きつ‐れい【吉礼】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の吉礼の言及

【葬制】より

…そして,祖廟に合祭する〈祔祭〉がある。ここまでの礼は凶礼であるが,これ以後は吉礼となる。つまり死者の霊が悪霊から善霊神に変わったのである。…

【五礼】より

…中国において,吉・凶・賓・軍・嘉の五つの礼をいう。吉礼は祭祀に関するものであり,昊天上帝(こうてんじようてい)をまつる禋祀(いんし),日月星辰をまつる実柴,司中・司命・風師・雨師をまつる槱燎(ゆうりよう),社稷(しやしよく)・五祀・五岳(嶽)をまつる血祭など12に分かれる。凶礼は喪葬にかかわる儀礼であり,死亡を悲しむ喪礼,飢饉や流行病をいたむ荒礼,災害を哀しむ弔礼など五つに分かれる。…

※「吉礼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android