(読み)キチ

デジタル大辞泉の解説

きち【吉】

縁起がよいこと。めでたいこと。きつ。「か凶(きょう)かを占う」⇔

きち【吉】[漢字項目]

常用漢字] [音]キチ(呉) キツ(漢) [訓]よい
〈キチ〉めでたい。運がよい。「吉日(きちじつ・きちにち)吉例小吉大吉
〈キツ〉に同じ。「吉凶吉相吉兆吉報不吉
[名のり]さち・とみ・はじめ・よ・よし
[難読]吉方(えほう)吉師(きし)吉備(きび)吉左右(きっそう)吉利支丹(キリシタン)

きつ【吉】[漢字項目]

きち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きち【吉】

よいこと。めでたいこと。きつ。 ⇔ 「占いは-と出た」

きち【吉】

【吉】 [音] キチ ・キツ
めでたい。 「《キチ》吉事きちじきつじ)・吉日きちじつきつじつ)・吉祥きちじようきつしよう)・吉瑞きちずい・吉夢きちむきつむ)・吉礼きちれいきつれい)・吉例きちれいきつれい)・小吉・大吉」 「《キツ》吉凶・吉慶・吉相・吉兆・吉報・不吉・吉左右きつそう」 〔「ஷ」は異体字〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉の関連情報