コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良義安 きら よしやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良義安 きら-よしやす

?-? 戦国時代の武将。
吉良義尭(よしたか)の次男。三河(愛知県)西条吉良家に生まれ,東条吉良家の持広の養子となる。永禄(えいろく)4年(1561)今川氏真(うじざね)に謀反をうたがわれ,駿府(すんぷ)に幽閉される。6年東条城にうつされていた弟義昭が近江(おうみ)(滋賀県)に逃亡すると,松平元康(徳川家康)から東条・西条の併有をゆるされた。通称は三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の吉良義安の言及

【吉良氏】より

…(1)清和源氏。足利氏庶流。三河国吉良荘より起こり,3流に分かれる。(a)嫡流西条吉良氏。鎌倉中期,足利義氏の長子長氏が吉良荘を譲られ吉良氏を称する。長氏の孫吉良貞義は足利尊氏の六波羅探題討滅をたすけ,貞義の子満義以来室町幕府の引付頭人を世襲。義郷にいたり織田信秀と結んで今川義元に抗したが1536年(天文5)敗死。弟義昭は徳川家康に下ったが,63年(永禄6)三河一向一揆に推されて家康に背き,近江に走り,のち摂津で戦死した。…

※「吉良義安」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉良義安の関連キーワード吉良義昭吉良義弥戦国時代吉良義尭

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android