コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉見氏頼 よしみ うじより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉見氏頼 よしみ-うじより

?-? 南北朝時代の武将。
吉見頼隆(よりたか)の子。貞和(じょうわ)4=正平(しょうへい)3年(1348)ごろ父の跡をつぎ能登(のと)(石川県)の守護となる。南朝方の桃井直常(もものい-ただつね)らとたたかう。応安3=建徳元年室町幕府の引付頭人となった。通称は三郎。法名は道源。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉見氏頼の関連キーワード南北朝時代吉見頼隆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android