コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同人雑誌 どうじんざっし

7件 の用語解説(同人雑誌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同人雑誌
どうじんざっし

「どうにんざっし」ともいう。共通の主張あるいは目的をもった人々によって執筆,編集,発行される雑誌。市民層のなかに言論発表の場が要求されるようになった 18~19世紀に初めて登場したもので,イギリスフランスをはじめ世界の各国でその刊行がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どうじん‐ざっし【同人雑誌】

主義・目的・傾向などを同じくする仲間が集まって編集・発行する雑誌。同人誌。どうにんざっし。

どうにん‐ざっし【同人雑誌】

どうじんざっし(同人雑誌)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

同人雑誌【どうじんざっし】

商業出版によらず,同好の人びと(同人)が集まって執筆・編集・発行をする小説・詩・短歌・俳句などの文芸雑誌評論雑誌。《明六雑誌》《我楽多文庫》をはじめ《白樺》(白樺派)《青鞜》や戦後の《近代文学》など。
→関連項目雑誌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうじんざっし【同人雑誌】

思想や心情の共通するもの同士が作品発表の場として経費を分担しあって執筆,編集する雑誌。書店で販売されるばあいでも営利を主目的とするのでなく,同人の作品の発表,さかのぼっては創作のための修練を主眼としている。また多人数を会員とする団体の機関誌とちがって,友情にもとづく仲間同士の協力によって刊行が維持されるので,小人数のグループのなかでもさらに執筆,編集,経営の力のある特定メンバーの関心と負担とによって誌齢が左右されることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どうじんざっし【同人雑誌】

主義・志などを同じくする人たちが、自分たちの作品の発表の場として共同で編集発行する雑誌。同人誌。どうにんざっし。

どうにんざっし【同人雑誌】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の同人雑誌の言及

【雑誌】より

…日本の文学雑誌の最初というべき尾崎紅葉らの《我楽多文庫(がらくたぶんこ)》は,学生時代の彼が小説好きの友人たちと手書き作品を編んだ回覧雑誌として出発した。また,二つの世界大戦をはさむ時代の日本に,〈かつてない同人雑誌の盛行〉(高見順)がみられたことは,社会の変動期に青年層をはじめとする表現者たちの発表の場として自主刊行の雑誌がふさわしかったという事情によるものだった。また明治中期から数度の盛期を画しつつ増大を続けている短歌,俳句の結社同好誌は,さまざまの趣味雑誌が会員の関心と密接して長命を続けているその先駆といえるだろう。…

※「同人雑誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

同人雑誌の関連情報