同胞同盟(読み)どうほうどうめい(英語表記)Unitas Fratrum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同胞同盟
どうほうどうめい
Unitas Fratrum

1457年東ボヘミアで結成されたフス派の団体。福音主義による社会平等を主張,67年には4人の司教をもつ独立教会となった。迫害を受けたが (1460~71,1508~14) ,ボヘミアとモラビア一帯に広まり,16世紀初頭には教会数約 400,信徒約 10万。三十年戦争で壊滅的打撃を受けたが,1722年まで存続した (→ボヘミア兄弟団 , モラビア兄弟団 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android