コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同胞同盟 どうほうどうめいUnitas Fratrum

1件 の用語解説(同胞同盟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同胞同盟
どうほうどうめい
Unitas Fratrum

1457年東ボヘミアで結成されたフス派の団体。福音主義による社会平等を主張,67年には4人の司教をもつ独立教会となった。迫害を受けたが (1460~71,1508~14) ,ボヘミアとモラビア一帯に広まり,16世紀初頭には教会数約 400,信徒約 10万。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

同胞同盟の関連キーワード長禄上之国館跡コシャマインコシャマイン忠義王中原康富足利政知投票時間繰り上げ多楽島英宗

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone