名を竹帛に垂る(読み)ナヲチクハクニタル

大辞林 第三版の解説

なをちくはくにたる【名を竹帛に垂る】

〔「後漢書鄧禹伝」による。「竹帛」は書物の意〕
名を後世に伝え残す。歴史書に記録されるような功績を立てる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android