旧知(読み)キュウチ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ち〔キウ‐〕【旧知】

古くからのり合い。昔なじみ。「旧知の間柄」「旧知のよしみ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうち【旧知】

古くからの知り合い。むかしなじみ。旧知己。 「 -の間柄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐ち キウ‥【旧知】

〘名〙
① 古くからの知りあい。むかしなじみ。旧知己知人。
※菅家文草(900頃)四・寄紙墨以謝藤才子見過「沙浪不由遇旧知、今朝目撃涙先垂」
※古活字本毛詩抄(17C前)一〇「もとの知音を召て、旧知をそばに侍らしむる心ぞ」 〔魏志‐袁術伝〕
② ある主君から与えられた古い知行(日葡辞書(1603‐04))。
※白石先生手簡(1725頃)三「加藩御旧知被仰合御贈物候故に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧知の関連情報