コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名主組合 なぬしくみあい

世界大百科事典 第2版の解説

なぬしくみあい【名主組合】

近世の江戸において,町奉行および町年寄の下に町方支配を担当した名主(町名主)の地域別グループ編成をいう。1713年(正徳3)に933町,45年(延享2)に1678町を数えた町々に,1715年には196人,1722年(享保7)には264人の名主がいた。名主の重要な職務である町触(まちぶれ)の伝達の便宜などのために,すでに正徳期(1711‐16)には日本橋北・中・南組合,神田組合,芝組合などの地域別編成が行われ,組合ごとに年番名主が選出されていたが,その成立時期は明らかではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

名主組合の関連キーワード近世