コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町触 まちぶれ

百科事典マイペディアの解説

町触【まちぶれ】

江戸時代,幕府・大名から町方に出された法令。ほか京都では京都所司代,大坂では大坂城代などが発給するもある。江戸では町奉行(ぶぎょう)から町年寄(としより),年番名主(なぬし)から各町の名主・月行事(がちぎょうじ)に通達され,それから町内の地主・家持(いえもち),さらにそれより借屋人店借に伝達された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まちぶれ【町触】

江戸時代,町方に対し発せられた(ふれ)。江戸幕府および諸藩の制定法は,触の形式で一般人民に公示され,町方へは町触として,その地の奉行が伝達した。江戸の場合,町奉行がこれを公布し,広い意味ではすべて町触と称したが,厳密には町奉行が専決的に発するもののみをいい,老中の命により,または老中にうかがいのうえ町奉行から出された触は惣触(そうぶれ)と呼んで区別した。狭義の町触(手限(てぎり)町触)には,惣触を施行するための細則や,具体的な行政措置に関するものが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

町触
まちぶれ

江戸時代に、幕府や各大名から領内の町の住民に発せられた法令。幕府領では直轄都市に置かれた町奉行(まちぶぎょう)から、支配する町々の町人に出された。ただし、厳密には町奉行が自身の権限で発するものを「町触(手限(てぎり)町触)」とよび、老中の命によるものや老中に伺いのうえで発したものは「惣触(そうぶれ)」とよんで区別した。町触の数が多くなるにつれて、毎年同じ時期や内容の触は「定式(じょうしき)町触」ともよばれている。町触の内容は時代とともに複雑になり、江戸の例をみても喧嘩(けんか)口論の禁止、火の用心など種々の規制が行われていたことがわかる。触の伝達は、町奉行所に各町の代表者(町名主や月行事(がちぎょうじ))を集めて申し聞かせるのが原則であったが、江戸では18世紀ころから重要な触以外は町年寄役所から通知された。触の通知があると、各町ではこれを写し取り、重要なものは自身番屋に張り出したり、家守(やもり)(家主)が地借(じがり)や店借(たながり)の町人に読み聞かせたりして徹底することもあった。また町支配の名主や家主(町役人)から確認の連判を出すこともあり、町中連判や店連判によって下層の町人への確認も行われている。しかし、町人がこれを守らないことも多く、おりにふれて同一の触が出されることも少なくなかった。[吉原健一郎]
『吉原健一郎著『江戸の町役人』(1980・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

町触の関連キーワード町役人(まちやくにん)江戸時代名主組合七分積金正宝事録京都町代斎藤月岑化政文化町入能自身番町名主倹約令株仲間柱暦連判町代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android