町名主(読み)マチナヌシ

世界大百科事典 第2版の解説

近世の城下町などで町を支配する役人農村を支配する名主と区別して町名主と呼んだ。職名も都市により相違があり,大坂では町年寄,岡山では名主年寄,仙台では検断肝煎(きもいり),若松では検断,名古屋・犬山長岡では町代,姫路では年寄,金沢では肝入,岡崎・飯田では庄屋,駿府では丁頭など多様な名称が用いられている。 1590年(天正18)徳川家康が江戸に入ったとき,町の支配役としては(1)入国以前から江戸にいた者から取り立てられた者がおり,さらに(2)家康入国後命ぜられた者,(3)江戸で町屋が建設されるさいに町役頭ないし名主と呼ばれた者がいた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

江戸における町役人の職制の一。町内の日常事務を処理し、町年寄の支配を受ける。大坂の町年寄にあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸の町々を支配した役人。町年寄(まちどしより)の下で、町触(まちぶれ)、人別改(にんべつあらため)、訴訟の和解などを行った。村方の名主(なぬし)・庄屋(しょうや)に相当する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 江戸時代の町役人の一つ。町年寄の支配内のいくつかの町の長として、町年寄から指揮を受けて、その町内の公務・自治をつかさどった。世襲のものもあり、選挙で選ばれるものもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸時代の町役人
正しくは名主。江戸の市政の中心。町年寄の下にあり,職務法令の伝達,人別改,願書訴状の奥書,治安の維持など町政全般に及んだ。世襲で他業を許されず,町から給料をうけた。二百数十名おり1人で数町を支配。大坂の町年寄に相当した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の町名主の言及

【町役人】より

…大坂の総年寄は合議制であった。こうした総町支配の町役人のもとで,個別の町の支配を担当したのが,江戸の町名主,大坂の町年寄などの町役人である。それぞれの都市によって名称はさまざまであるが,町行政の自治的運営の中心として活躍した町役人である。…

※「町名主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android