コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名倉松窓 なぐら しょうそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名倉松窓 なぐら-しょうそう

1822-1901 江戸後期-明治時代の儒者,官吏。
文政5年生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松藩士。佐藤一斎らにまなび弘化(こうか)2年藩校克明館の教授となる。維新後は外務大録などをつとめた。明治34年1月27日死去。80歳。本姓は野田。名は信敦。字(あぎな)は先之。通称は重次郎。別号に予何人(あなと)。著作に「航海日録」「遠江紀行」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

名倉松窓の関連キーワード明治時代官吏儒者