コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名倉誾一郎 なぐら ぎんいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名倉誾一郎 なぐら-ぎんいちろう

1860-1930 明治-昭和時代前期の植物学者。
安政7年1月14日生まれ。京都で医学をまなぶ。愛知県水産試験場や県林務課に嘱託としてつとめ,県の植物誌をまとめるために採集,研究をおこなう。のち県の木に指定されるハナノキの自生地を県内に発見。牧野富太郎らと親交があった。昭和5年6月22日死去。71歳。三河(愛知県)出身。著作に「愛知県植物志料」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

名倉誾一郎の関連キーワードスペリー万延喜劇映画フランス映画ワールドカップカナダ文学メロン財閥ロシア哲学里見勝蔵熱雲

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone