名君(読み)めいくん

精選版 日本国語大辞典「名君」の解説

めい‐くん【名君】

〘名〙
① すぐれた君主。名高い主。
夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第二部「木曾から出た国家老として、名君の聞えの高い山村蘇門(良由)が」
② 有名な遊君。名高い遊女や歌舞伎若衆など。
※評判記・野郎大仏師(1667‐68)「此比のぼり下りの名君(メイクン)、ひとへに舞ぶりのしなやかに、けわひのうるわしきのみならず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の名君の言及

【藩政改革】より

…ここに幕府と藩を基本とした階層的土地所有の秩序の確立をみたのである。
[中期――〈名君・賢宰〉の改革]
 給人の領有地=給所が,大名の蔵入地(くらいりち)に一括されてゆくとき,大名の手に権力はより集中してゆく。だから,大名を補佐する執政に恵まれるとき,藩政の再構築を目ざす藩政改革がみられることになる。…

※「名君」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android