名香(読み)ミョウゴウ

デジタル大辞泉の解説

みょう‐ごう〔ミヤウガウ〕【名香】

仏に奉る仏前にたく香。
「―の香(か)などにほひ満ちたるに」〈若紫

めい‐こう〔‐カウ〕【名香】

かおりがよく、名高い香。「名香を聞く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうごう【名香】

仏前にたく香。 「 -のいとかうばしく匂ひて/源氏 総角

めいこう【名香】

よいかおりの香。名高い香。特に、香木についていう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐ごう ミャウガウ【名香】

〘名〙 仏にたてまつる香。仏前にたく香。
※観智院本三宝絵(984)下「つくり花をいそぎ、名香をたき、仏の御前をかざり」

めい‐こう ‥カウ【名香】

〘名〙 すぐれた香。非常によいにおいを立てる香。世に名高い香。
※延喜式(927)一六「庭火并平野竈神祭〈略〉名香二両、紙六十張」
※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「さまざまの名香を奉らせ給へれば、いみじう香(かうば)し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の名香の言及

【香木】より

…《正倉院御物棚別目録》《法隆寺資財帳》《東大寺献物帳》等には,黄熟香(おうじゆくこう),全桟香(ぜんせんこう),沈香(じんこう),沈水香などの名で,香木が麝香(じやこう),コショウ,桂心等の香料とともに香薬として記載されており,また正倉院には黄熟香,全桟香,沈香のほか薫陸香(くんろくこう)(乳香),丁香(丁字花),えび香(調合した防虫芳香剤)等の香料が多量に収蔵されている。香道家はこの黄熟香を蘭奢待(らんじやたい),全桟香を紅塵(こうじん)と香銘で呼んでいるが,いずれも伝説的な天下第一の名香である。平安貴族は香を神仏に供えるのみでなく,日常生活の中で賞美する趣味の対象とし,沈香の粉末のほか各種の香料を調合練り合わせる空薫(空香)物(そらだきもの)(練香)に婉艶華麗な世界をひらき,秘技を競った。…

※「名香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名香の関連情報