コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名香 ミョウゴウ

デジタル大辞泉の解説

みょう‐ごう〔ミヤウガウ〕【名香】

仏に奉る仏前にたく香。
「―の香(か)などにほひ満ちたるに」〈若紫

めい‐こう〔‐カウ〕【名香】

かおりがよく、名高い香。「名香を聞く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうごう【名香】

仏前にたく香。 「 -のいとかうばしく匂ひて/源氏 総角

めいこう【名香】

よいかおりの香。名高い香。特に、香木についていう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の名香の言及

【香木】より

…《正倉院御物棚別目録》《法隆寺資財帳》《東大寺献物帳》等には,黄熟香(おうじゆくこう),全桟香(ぜんせんこう),沈香(じんこう),沈水香などの名で,香木が麝香(じやこう),コショウ,桂心等の香料とともに香薬として記載されており,また正倉院には黄熟香,全桟香,沈香のほか薫陸香(くんろくこう)(乳香),丁香(丁字花),えび香(調合した防虫芳香剤)等の香料が多量に収蔵されている。香道家はこの黄熟香を蘭奢待(らんじやたい),全桟香を紅塵(こうじん)と香銘で呼んでいるが,いずれも伝説的な天下第一の名香である。平安貴族は香を神仏に供えるのみでなく,日常生活の中で賞美する趣味の対象とし,沈香の粉末のほか各種の香料を調合練り合わせる空薫(空香)物(そらだきもの)(練香)に婉艶華麗な世界をひらき,秘技を競った。…

※「名香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

名香の関連キーワードシャルトル公爵の愉しみファンション・ファデ名香合わせ・名香合せパンドラ・パニックレディ・ギネヴィア芳沢いろは(初代)香合(こうあわせ)マダム・ジョーカーオレンジ・シティパール・パーティPARTNER六十一種名香0花の美女姫モンステラ傾城反魂香名和三幹竹菅屋長頼武井夕庵土肥二三

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名香の関連情報