コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吟市 ぎんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吟市 ぎんし

?-1682 江戸時代前期の僧,俳人。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。真言宗高野山蓮華院,のち江戸安住院の住持となる。北村季吟(きぎん)の門人。延宝3年西山宗因を江戸にむかえてもよおされた大徳院の百韻に桃青(松尾芭蕉)らと参加。作品は「貝殻集」「諸国独吟集」などにみえる。天和(てんな)2年死去。法名は尊海。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吟市の関連キーワード久津見吟市金子楚常俳人

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吟市の関連情報