コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土浦藩 つちうらはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土浦藩
つちうらはん

江戸時代,常陸国 (茨城県) 土浦地方を領有した藩。松平 (藤井) 信一が慶長6 (1601) 年結城氏の故地に3万 5000石で入封したのに始り,元和4 (18) 年から西尾氏2万石,慶安2 (49) 年から朽木 (くつき) 氏3万石,寛文9 (69) 年から土屋氏4万 5000石,天和2 (82) 年に松平 (大河内) 氏2万 2000石となり,貞享4 (87) 年土屋政直が駿河 (静岡県) 田中より6万 5000石 (のち9万 5000石) で再封され廃藩置県にいたった。土屋氏は譜代,江戸城雁間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

土浦藩【つちうらはん】

常陸国新治(にいはり)郡土浦(現茨城県土浦市)を城地とした藩。徳川家康の子結城秀康の支城であった土浦城に1601年松平(藤井)信一(のぶかず)が3万5000石で入り成立。信一を継いだ松平信吉は自己の旧領と合わせて4万石を領したが,1617年上野国高崎に移封。藩主は翌1618年から西尾氏(2万石,2代),1649年から朽木氏(初め3万石,のち2万7000石,2代)と替わり,1669年土屋数直(かずなお)が4万5000石で入部。数直の子政直は1682年駿河国田中(現静岡県藤枝市)に移り,松平(大河内)信興が2万2000石で入封するが1679年大坂城代に転じ,この間大坂城代・京都所司代を歴任した土屋政直が1682年老中となって6万5000石で土浦に再封。以後は土屋氏が継ぎ,土屋挙直(しげなお)のときに廃藩置県。約30年間老中の任にあった政直はたびたび加増され,1718年以降領知高は9万5000石。藩主家はいずれも譜代大名で,土屋政直以外にも奏者番寺社奉行若年寄など幕府の要職に就く者が多かった。領内検地は西尾氏・朽木氏の代に行われ,城下土浦は水戸道(水戸佐倉道・陸前浜街道)の宿場町,霞ヶ浦の港町としても賑った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

つちうらはん【土浦藩】

江戸時代常陸(ひたち)国新治(にいはり)郡土浦(現、茨城県土浦市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は郁文館(いくぶんかん)。1601年(慶長(けいちょう)6)に、早くから徳川家康(とくがわいえやす)に仕えていた松平信一(のぶかず)が3万500石で入封(にゅうほう)、立藩した。2代信吉(のぶよし)が17年(元和(げんな)3)に上野(こうずけ)国高崎藩に転封(てんぽう)(国替(くにがえ))となって以後、西尾氏、朽木(くつき)氏と続き、69年(寛文(かんぶん)9)に老中土屋数直(かずなお)が4万5000石で入封した。その子政直(まさなお)の移封後、一時松平(大河内)信興(のぶおき)が入ったが、87年(貞享(じょうきょう)4)に政直が再入封。以後、9万5000石に加増された土屋氏10代が明治維新まで続いた。1871年(明治4)の廃藩置県で土浦県となり、その後、新治県を経て75年茨城県に編入された。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つちうらはん【土浦藩】

常陸国の譜代中藩。土浦は近世初期には結城秀康の支城であったが,1601年(慶長6)松平信一が3万5000石で入封して以来,譜代大名の城地となった。1618年(元和4)より49年(慶安2)まで西尾忠永,忠照が2万石で封じられたが,この間,1629‐33年(寛永6‐10)に領内に検地が実施され,城郭の整備等が行われた。続いて朽木稙綱(くつきたねつな)が3万石で入封すると,50年に領内の一部に検地を実施した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土浦藩
つちうらはん

常陸(ひたち)国(茨城県)新治(にいはり)郡に置かれた譜代(ふだい)藩。1601年(慶長6)松平信一(のぶかず)が3万5000石を領して土浦城主となったのが藩のおこり。2代信吉(のぶよし)が1617年(元和3)上野(こうずけ)国高崎に移封となってからは、西尾氏、朽木(くつき)氏が相次いで藩主となったが、1669年(寛文9)朽木氏国替後は老中土屋数直(かずなお)が4万5000石で入封した。その所領は常陸国で新治郡32か村、筑波(つくば)郡4か村、信太(しだ)郡13か村、茨城郡3か村、真壁(まかべ)郡5か村、上総(かずさ)国で5か村、下野(しもつけ)国で4か村、武蔵(むさし)国で25か村であった。しかしその子政直(まさなお)のとき駿河(するが)国田中城に移ったので、松平(大河内(おおこうち))信興(のぶおき)が2万2000石で藩主となったが、わずか数年で大坂城代となって土浦を去った。そのあとにはふたたび老中土屋政直が1687年(貞享4)6万5000石(のち9万5000石)で城主となった。その後は代々土屋氏の藩主時代が続き、数直を初代として11代挙直(しげなお)のとき明治維新を迎え、1869年(明治2)版籍奉還によって藩知事となって、約200年にわたる土屋氏の時代は終わったが、土浦藩は1871年7月廃藩置県によって土浦県が成立するまで続いた。なお、土浦県は新治県を経て1875年に茨城県に編入された。
 土浦藩では9代彦直(よしなお)と最後の挙直の両名が御三家(ごさんけ)水戸(みと)家から養子に入っているのは、土浦藩の譜代としての立場を物語るものであるが、土浦藩が重要視された理由の一つは、土浦が江戸と水戸の中間に位置していたからであろう。土浦城の唯一の遺構である太鼓櫓(たいこやぐら)は、1656年(明暦2)朽木稙綱(たねつな)の築造にかかる。[瀬谷義彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

土浦藩の関連キーワード霞ヶ浦(旧町名)土浦市立博物館新治(茨城県)茨城県土浦市佐久良東雄小池村勇七土浦(市)土浦[市]岩間[町]伊藤進斎土屋寛直土屋陳直土屋篤直山村才助土屋寿直土屋泰直西尾忠照上原白圭土屋彦直土屋英直

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土浦藩の関連情報