吹変・吹替(読み)ふきかえる

精選版 日本国語大辞典の解説

ふき‐か・える ‥かへる【吹変・吹替】

[1] 〘自ハ下一〙 ふきか・ふ 〘自ハ下二〙 風の吹き方が変わる。風向きが変わる。
※続後撰(1251)冬・四六四「片岡の朝けの風も吹かへて冬の景色に散る木の葉かな〈藤原基家〉」
[2] 〘他ア下一(ハ下一)〙 ふきか・ふ 〘他ハ下二〙
① 貨幣・金属具などを溶かして鋳直す。改鋳する。吹き改める。
※交易問答(1869)〈加藤弘之〉上「国々の王様が通用金をたびたび吹替へて」
② 身代わりを作る。替え玉とかえる。すりかえる。
※歌舞伎・傾城王昭君(1701)三「たそ見知らざる其者をふきかへやらぬ」
③ 外国映画、テレビなどのせりふを自国語に翻訳して吹き込む。

ふき‐かわ・る ‥かはる【吹変・吹替】

〘自ラ四〙 風などの吹き方がかわる。
※千載(1187)秋上・二二六「秋たつと聞きつるからに我宿の萩の葉風のふきかはるかな〈侍従乳母〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android