コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原基家 フジワラノモトイエ

大辞林 第三版の解説

ふじわらのもといえ【藤原基家】

1203~1280) 鎌倉前期の廷臣・歌人。良経の子。正二位内大臣。「続古今和歌集」の撰者の一人。「続後撰和歌集」以下の勅撰集に七九首入集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藤原基家の関連キーワード続後撰和歌集後嵯峨天皇持明院基家西園寺公経後堀河天皇北白河院藤原家隆九条基家安嘉門院藤原隆祐藤原顕仲勅撰集伴野荘壬二集廷臣藤原

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android