コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹(き)寄せ フキヨセ

2件 の用語解説(吹(き)寄せの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふき‐よせ【吹(き)寄せ】

吹いて呼び集めること。
幾種類かの煮物や揚げ物を、いろどりよく盛り合わせた料理。また、美しく盛り合わせた干菓子。
寄席演芸の一。種々の音曲から少しずつ抜き出して寄せ集めたもの。上方では埃叩(ほこりたた)きという。音曲(おんぎょく)吹き寄せ。
垂木や格子、建具の桟(さん)などを2、3本ずつ間隔をせばめて一組とし、組と組との間隔を広くとる配列法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吹寄せ
ふきよせ

木の葉や花びらが風に吹かれ、ひとところに寄せ集められたような散らし模様。咲き誇る花の美しさを愛(め)でるのではなく、むしろ散りゆくものに心をひかれ、もののあわれを感じる日本人の繊細な心情がうかがわれる伝統的な模様の一つである。通常、マツ・カエデ・イチョウなどの落ち葉に、キク・サクラ・ウメなどの枝や花びらをところどころに散らした品のよい小柄な模様である。江戸後期、おもに染織模様として流行した。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吹(き)寄せの関連キーワード徴発呼集嘯聚徴集品茶召し集ふラブコール駆催す召募呼集める

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone