コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉煕載 ごきさいWu Xi-zai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉煕載
ごきさい
Wu Xi-zai

[生]嘉慶4(1799)
[没]同治9(1870)
中国,清の書家,画家,篆刻家。儀徴 (江蘇省) の人。字は譲之,号は晩学居士。堂号は師慎軒。包世臣書風を学び鮮麗な書を書いた。花卉を好んで描き,また漢代の玉印の古拙な味わいをねらった篆刻に長じた。『師慎軒印譜』『呉譲之印譜』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉煕載
ごきさい
(1799―1870)

中国、清(しん)代後期の書画・篆刻(てんこく)家。江蘇(こうそ)省儀徴の人。初名廷(ていよう)、煕載は字(あざな)。のち煕載を名とし、譲之(じょうし)を字としたが、同治帝の即位により、御名載淳を敬避して、譲之を名とした。号は晩学居士、言庵など。堂号師慎軒。儀徴の諸生にあげられたが、官途にはつかず、書画・篆刻を売って清貧孤高の生涯を送った。清代第一の批評家包世臣(ほうせいしん)に師事して楷(かい)行草を学び、篆隷篆刻は包の師の石如(とうせきじょ)を祖述し、画は張賜寧に倣って花卉(かき)をよくした。彼の芸術はいずれももの静かで気品が高く、細やかな情趣に満ちているが、なかでも篆刻が優れているとされる。著述に『資治通鑑(しじつがん)地理今釈』、作品集に『師慎軒印存』『呉譲之印存』『呉譲之先生書画冊』など。[筒井茂徳]
『謙慎書道会編『呉譲之の書画篆刻』(1978・二玄社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

呉煕載の関連キーワード鄭道昭

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android