コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉煕載 ごきさい Wu Xi-zai

2件 の用語解説(呉煕載の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉煕載
ごきさい
Wu Xi-zai

[生]嘉慶4(1799)
[没]同治9(1870)
中国,清の書家,画家,篆刻家。儀徴 (江蘇省) の人。字は譲之,号は晩学居士。堂号は師慎軒。包世臣の書風を学び鮮麗な書を書いた。花卉を好んで描き,また漢代の玉印の古拙な味わいをねらった篆刻に長じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉煕載
ごきさい
(1799―1870)

中国、清(しん)代後期の書画・篆刻(てんこく)家。江蘇(こうそ)省儀徴の人。初名廷(ていよう)、煕載は字(あざな)。のち煕載を名とし、譲之(じょうし)を字としたが、同治帝の即位により、御名載淳を敬避して、譲之を名とした。号は晩学居士、言庵など。堂号師慎軒。儀徴の諸生にあげられたが、官途にはつかず、書画・篆刻を売って清貧孤高の生涯を送った。清代第一の批評家包世臣(ほうせいしん)に師事して楷(かい)行草を学び、篆隷篆刻は包の師の石如(とうせきじょ)を祖述し、画は張賜寧に倣って花卉(かき)をよくした。彼の芸術はいずれももの静かで気品が高く、細やかな情趣に満ちているが、なかでも篆刻が優れているとされる。著述に『資治通鑑(しじつがん)地理今釈』、作品集に『師慎軒印存』『呉譲之印存』『呉譲之先生書画冊』など。[筒井茂徳]
『謙慎書道会編『呉譲之の書画篆刻』(1978・二玄社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉煕載の関連キーワード同治中興N君民同治没・歿勃・歿・没三角数清陵Diaz de la Peña,N.府同治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone