コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包世臣 ほうせいしん Bao Shi-chen

3件 の用語解説(包世臣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

包世臣
ほうせいしん
Bao Shi-chen

[生]乾隆40(1775)
[没]咸豊5(1855)
中国,清の学者,書家。 涇県 (安徽省) の人。字は慎伯,号は倦翁など。安呉先生と称された。軍事,経済を好んで研究し,生涯の大半を幕友として過し,郷兵の訓練,湖北・四川省の反乱の討伐などにあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうせいしん【包世臣 Bāo Shì chén】

1775‐1855
中国,清代後期の政治家,書家,書論家。字は慎伯,号は倦翁。安徽省涇県の人。嘉慶13年(1808)の挙人。結局進士に合格せず,生涯幕友で終わったが,経世,軍事に早くより関心を有し,一見識を抱いていた。両江総督の幕友となって以来(1811),江蘇の運河,漕運の実務にかかわり,税糧の海運を主張した。経世家としての包世臣の重要な側面である。晩年,江西省新喩知県となったが1年で退官,南京に寓居中,太平天国の乱に遇い没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

包世臣
ほうせいしん
(1775―1855)

中国、清(しん)代後期の書家、書論家。安徽(あんき)(けい)県の人。字(あざな)は慎伯、号は倦翁(けんおう)、倦遊閣外史。出身地の古名にちなみ安呉先生といわれる。1808年(嘉慶13)の挙人。晩年に江西省新喩(しんゆ)県知事となるが、1年で退官、南京(ナンキン)に寓居(ぐうきょ)中、太平天国の乱にあい、避難の途中没した。性質は精悍(せいかん)で、塩制、経制の学に詳しく、兵家の書を好んだ。書は唐の欧陽詢(おうようじゅん)、顔真卿(がんしんけい)から宋(そう)の蘇軾(そしょく)、明(みん)の董其昌(とうきしょう)に転じたが、やがて石如(とうせきじょ)の影響を受けて北派を唱導し、逆入平出(ぎゃくにゅうへいしゅつ)(起筆を左下から上に回して打ち込み、収筆を右下に出す)の筆法で楷行草(かいぎょうそう)に独自の気満の風を樹立した。『安呉四種』『藝舟双楫(げいしゅうそうしゅう)』などの著があり、門下に呉煕載(ごきさい)らがいる。[角井 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の包世臣の言及

【書】より

…なかでも鄧石如は古碑によって篆隷を深く究め,また北碑を学んで,碑学の開山となった。阮元が〈南北書派論〉〈北碑南帖論〉を著して北碑を書の正統として以後,この説は包世臣の《芸舟双楫》さらに康有為の《広芸舟双楫》などによって補訂され,北派の理論がうちたてられた。これにともない,実作面でも北碑の素朴な書に美の発揚を求めたり,あるいは碑帖を兼習したり,さらに金文,石鼓文,甲骨文にも書作の材料を求める者が現れ,百花斉放の観を呈するにいたった。…

※「包世臣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

包世臣の関連キーワード王寵恵宋敏求張瀾桓寛山濤林森中川俊思秦星塢松野幸泰王澍

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone