コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周年栽培 しゅうねんさいばい

2件 の用語解説(周年栽培の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しゅうねんさいばい【周年栽培】

季節の推移にかかわりなく、年間を通じて行う栽培。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうねんさいばい【周年栽培】

野菜を周年供給するために種々の時期に栽培を行うこと。大部分の野菜では,栽培の時期が温度や日長条件によって制限されるので,出盛り期またはしゅん(旬)と呼ばれる短い期間に出荷が集中する傾向があった。しかしながら,年間を通して高い需要がある野菜では,出盛り期をはずれて入荷が少なくなると,生産物の価格は高騰する。そこで,この時期をねらって出荷する栽培法が開発され,今日では多くの野菜が1年を通して栽培されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

周年栽培の関連キーワード作型示現食用作物早熟栽培供給契約菜圃集荷プレスキットキッチン菜園食料供給

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

周年栽培の関連情報