周年栽培(読み)しゅうねんさいばい

世界大百科事典 第2版の解説

野菜を周年供給するために種々の時期に栽培を行うこと。大部分野菜では,栽培の時期が温度や日長条件によって制限されるので,出盛り期またはしゅん()と呼ばれる短い期間に出荷が集中する傾向があった。しかしながら,年間を通して高い需要がある野菜では,出盛り期をはずれて入荷が少なくなると,生産物の価格は高騰する。そこで,この時期をねらって出荷する栽培法が開発され,今日では多くの野菜が1年を通して栽培されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android