コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周年栽培 しゅうねんさいばい

大辞林 第三版の解説

しゅうねんさいばい【周年栽培】

季節の推移にかかわりなく、年間を通じて行う栽培。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうねんさいばい【周年栽培】

野菜を周年供給するために種々の時期に栽培を行うこと。大部分の野菜では,栽培の時期が温度や日長条件によって制限されるので,出盛り期またはしゅん(旬)と呼ばれる短い期間に出荷が集中する傾向があった。しかしながら,年間を通して高い需要がある野菜では,出盛り期をはずれて入荷が少なくなると,生産物の価格は高騰する。そこで,この時期をねらって出荷する栽培法が開発され,今日では多くの野菜が1年を通して栽培されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

周年栽培の関連キーワードシロクジャク(白孔雀)コショウソウ(胡椒草)キュウリ(胡瓜)ブバルディアホウレンソウ千筋みずな特用林産物パクチョイ深谷のユリ露地栽培養液栽培タアサイ促成栽培渭東ねぎカブキクシソ日出推移作型

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android