コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周波数割り当て しゅうはすうわりあて

1件 の用語解説(周波数割り当ての意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

周波数割り当て

有線、無線に関わらず、電波を使った情報産業では、総務省により各会社へ周波数の割り当てが行われる。だが、一部の情報媒体では割り当てられた周波数によって、競争上大きく有利、不利になる場合がある。特に携帯電話では遠くまで安定して情報を送れる周波数800MHz帯が他の周波数帯に抜きん出て優れている。この周波数帯をNTTドコモKDDIが独占していたため、問題が起こった。2004年、ソフトバンクが新規携帯会社をつくり800MHz帯に参入したいと表明したが、総務省が認めなかったためソフトバンクは総務省を提訴。しかし、総務省が割り当てに関する方針を決定してから、提訴を取り下げた。最終的にソフトバンクには1.7GHzの周波数を割り当てられたが、この周波数も結局、ボーダフォンを買収後に手放すことになった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

周波数割り当ての関連情報