コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呰部 あざえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呰部
あざえ

岡山県北部,真庭市南部の旧北房町の中心地区。旧町域。 1953年呰部町と中津井村,上水田村,水田村の3村が合体して北房町となる。上,下の両集落があり,下呰部が中心集落で,第2次世界大戦前は旧正月前に開かれたブリ市で有名であった。蘭学箕作秋坪の出身地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呰部
あざえ

岡山県真庭(まにわ)市の南西部にある地域で、上呰部と下呰部からなる。旧呰部町は、1953年(昭和28)周辺4町村と合併して上房(じょうぼう)郡北房(ほくぼう)町となり、呰部は同町の中心地区であった。北房町は2005年(平成17)勝山町など5町3村と合併して真庭市となった。北の城山には戦国時代に丸山城があった。中国自動車道北房インターチェンジがある。旧暦年末の鰤市(ぶりいち)は有名。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

呰部の関連キーワード北房[町]真庭(市)国重(4)国重(3)大正の鶴高梁川

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android