コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕作秋坪 みつくりしゅうへい

7件 の用語解説(箕作秋坪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箕作秋坪
みつくりしゅうへい

[生]文政8(1825).12.8. 美作
[没]1886.12.3. 東京
幕末~明治初期の洋学者,啓蒙家。美作津山藩儒者菊池士郎の次男。箕作阮甫の養子。名,矩。号,宜信斎。阮甫,桂川甫周緒方洪庵らに蘭学を学び,幕府蕃書調所教授職手伝となり,文久1 (1861) 年遣欧使節に随行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

箕作秋坪【みつくりしゅうへい】

幕末〜明治初期の洋学者。箕作阮甫の女婿。美作(みまさか)の人。古賀【どう】庵(どうあん),緒方洪庵に学ぶ。幕府天文方で翻訳に従い,蕃書調所教授職手伝いなどで活躍。
→関連項目菊池大麓箕作佳吉箕作元八

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

箕作秋坪 みつくり-しゅうへい

1826*-1886 幕末-明治時代の蘭学者。
文政8年12月8日生まれ。菊池陶愛の次男。菊池大麓(だいろく),箕作佳吉,箕作元八の父。箕作阮甫(げんぽ),緒方洪庵にまなび,阮甫の次女の婿となる。幕府天文台,蕃書(ばんしょ)調所などに出仕し幕臣となった。維新後は三叉学舎をひらき,明六社に参加。東京師範摂理。明治19年12月3日死去。62歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。名は矩。通称は文蔵。号は宜信斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

箕作秋坪

没年:明治19.12.3(1886)
生年:文政8.12.8(1826.1.15)
蘭学者,啓蒙思想家。備中国(岡山県)阿賀郡の菊池文理の子。蘭学,医学を緒方洪庵に学び,箕作阮甫の養子となる。岩倉遣外使節団の反訳方として随行した。明治維新後は私塾三叉学舎を開いて教育した。明治7(1874)年森有礼らと明六社を創立し,12年東京学士会院の創立会員となった。彼は2,3歳から,6,7歳までの児童を教育することが最も効果的だと主張したが,家庭の父母がその能力を欠いているとして特に女子教育の重要性を説いた。東京師範学校教授,東京教育博物館長,東京図書館長も勤めた。<著作>「教育談」(『明六雑誌』1874)<参考文献>治郎丸憲三『箕作秋坪とその周辺』

(小泉仰)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みつくりしゅうへい【箕作秋坪】

1825‐86(文政8‐明治19)
幕末の洋学者。津山藩の儒者菊池文理の次男。古賀侗庵に漢学を,箕作阮甫に蘭学を,緒方洪庵に蘭学と医学を学び,阮甫の養子となった。幕末の外交多事のなかで,幕府天文方で翻訳に従い,蕃書調所の教授職手伝,次いで外国奉行に属して活躍した。明治維新後,私塾三叉学舎を設立。また森有礼らと明六社を設立し,最初の東京学士会院の会員7名の一人となった。【佐藤 能丸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みつくりしゅうへい【箕作秋坪】

1825~1886) 洋学者。美作津山の人。阮甫げんぽの養子。幕府天文方で翻訳に従事、ロシアとの樺太境界交渉に参加。維新後、明六社員、東京師範学校摂理。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箕作秋坪
みつくりしゅうへい
(1826―1886)

洋学者。文政(ぶんせい)8年12月8日(新暦1月15日)、津山藩の儒者菊池士郎の二男として生まれる。箕作阮甫(げんぽ)、緒方洪庵(おがたこうあん)らに学び、1850年(嘉永3)阮甫の養子となりその二女つねと結婚(つねの死後、阮甫の三女千万(ちま)と再婚)。1859年(安政6)から蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授手伝。1861年(文久1)幕使に随行しヨーロッパ、ロシアを回る。大政奉還後、かつての攘夷(じょうい)論者の明治新政府に仕えるのを好まず、私塾三叉(さんしゃ)学舎を開いた。1874年(明治7)森有礼(ありのり)らと明六(めいろく)社をおこしてまもなく社長、ついでその後身東京学士会院の会員。一時期、高等師範学校摂理などを務めた。明治19年12月3日死去。子に菊池大麓(だいろく)、箕作佳吉、元八がある。[岡田靖雄]
『持郎丸憲三著『箕作秋坪とその周辺』(1970・箕作秋坪伝記刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

箕作秋坪の関連キーワードベッカリーア思想家百学連環岡山県加賀郡岡山県総社市上林岡山県加賀郡吉備中央町北岡山県加賀郡吉備中央町田土岡山県倉敷市玉島阿賀崎岡山県加賀郡吉備中央町西安藤隆穂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone